残業代計算から会社への請求・回収まで、残業代請求の経験豊富な弁護士が対応!

職業別 残業代請求の解決事例

運送業・トラック運転手

労働条件の不利益変更を指摘して、適正額の未払残業代を回収

事案内容
長距離トラックの運転手として一勤務24時間の体制で就労しており、月90時間程度の残業をしていた方の依頼を受けて、未払残業代を請求した事案。
争点と内容
依頼者は、10tトラックを運転して西日本各地を飛び回っていたため、トラックのタコグラフと運転日報によって、労働時間を計算することができました。しかし、会社側は、給与のうち、基本給以外の乗務手当など複数の手当を固定の残業代として支払っているとして、わずかな金額の未払残業代しか生じていないと主張してきました。そのため、交渉では話がまとまらず、裁判官に判断を仰ぐべく訴訟をすることになりました。
訴訟でも、複数の手当が残業代の支払いと認められるかが争点となりました。
当方は、過去の就業規則の開示を会社に対して求め、過去の就業規則にはそれらの手当てに残業代の性質がなかったにもかかわらず、数年前の就業規則の変更で残業代として支払う趣旨に変えられていたことを示して、基本給の一部を残業代に変更することは労働条件の不利益変更であり無効であると主張しました。
解決結果
上記の労働条件の不利益変更の主張が認められ、勝訴的和解を取得することができ、約650万円の解決金を取得することができました。

不動産会社

残業代の支払を不当に免れようとする会社に訴訟と刑事告訴を行って残業代を回収

事案内容
不動産会社の総務部門で経理等の業務を行っており、多忙のため深夜残業や休日出勤をしていた方の依頼を受けて、未払残業代を請求した事案
争点と内容
会社は、労働基準監督署による残業代未払の調査を受けた際に、依頼者に対して残業代を支払ったと偽装するような書類を作成するなど悪質な対応をする会社でした。
会社が、タイムカードの開示を拒否し、交渉に応じなかったため、やむなく訴訟に踏み切ることになりました。
訴訟では、タイムカードを開示させることができたものの、会社側は、役職手当等が固定額の残業代の支払いであるとして、未払残業代は存在しないと主張してきました。これに対して、当方は、役職手当等の金額に関して何時間分の残業代が含まれているのか明示されていないことや、就業規則の記載から役職手当等に残業代以外の意味合いがあると読み取れることから、役職手当等が固定額の残業代の支払いとは認められないと反論しました。
また、訴訟と並行して、労働基準監督署の調査に対して偽装をしてまで残業代の支払いを免れようとしたことについて、労働基準監督署に対し刑事告訴を行いました。
解決結果
刑事告訴も行ったことにより、会社側が和解による解決を希望しました。その結果、250万円の未払残業代の支払いを受けるという内容の和解を成立させることができました。

飲食店

24時間営業の居酒屋で長時間労働をさせていた会社から残業代を回収

事案内容
24時間営業の居酒屋において12時間勤務をしていた方の依頼を受けて、未払残業代を請求した事案。
争点と内容
タイムカードなどによる勤怠管理を行っていない会社で、当初は労働時間が分かるものが無いと思われた事案でした。しかし、依頼者が持っていた店舗のシフト表に就業時間が書かれていましたので、この記載から依頼者の労働時間を計算しました。計算の結果、会社は、毎月残業代を支払っていたものの、本来支払うべきである残業代の金額より大幅に低額であったと判明したため、未払残業代を請求しました。
交渉の中で、会社側は、シフト表から計算される労働時間について大きくは争いませんでしたが、依頼者が勤務中に休憩時間をかなり長くとっていたという主張がされました。
解決結果
会社側から早期に支払提案がありましたので、合理的な範囲の休憩時間を差し引いた上で、80万円の残業代を支払うという内容の和解を成立させることができました。ご依頼頂いてから1か月半後の解決になりました。

投稿日:2018年1月17日 更新日:

Copyright© 滋賀の残業代請求弁護士相談サイト , 2020 AllRights Reserved.